老化現象の一つ

男医

食事による予防効

老眼は30歳を超えた頃から自覚する人が多くなると言われています。老眼のチェック方として、小さな文字が読みずらく、目に力を入れてしまうようなら老眼と言われています。その他にも老眼チェック方として、自分の目から何センチ離れた所でピントが合うかを調べる方法があります。眼の前の指の指紋を見つめ、徐々に話して行くチェック方で、ピントが合うのが30cmを超えたら危険と言われています。老眼は加齢と共に避けては通れない老化現象の一つでもあり、誰もが老眼になると考えられます。人が健康を維持するには食事が必要ですが、生活習慣病や様々な疾病の引き金となるのが食生活と言われています。従って、眼の健康にも老化を遅らせるにも食事や栄養が大きな影響を与えると考えられるので、現在の食生活をチェックしてみることは重要な事です。眼に良い食べ物や栄養素はたくさんあります。眼に良いとされる代表格がルテインで、パセリやホウレンソウ、セロリ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。また、ポリフェノールを多く含むブルーベリーも、眼の健康に良いと言われる代表的な食品です。その他にも抗酸化作用があり、老眼予防に良いと言われるエンゴザイムは肉類や青魚、豆類に多く含まれています。そして近年注目されているのが多くの魚介類に含まれるDHAと言われる脂で、サプリメントとしても有名です。この様に、眼に良いと言われる食べ物と栄養素はたくさんあります。しかし、その栄養素ばかりを体内に取り込んでいては栄養バランスを崩してしまいます。従って、たくさんの栄養素をバランス良く普段から摂取する事が大切で、不足気味な栄養素はサプリメントで補うのも方法の一つです。

Copyright© 2018 老眼の疑いがあるなら眼科を頼ろう【調節力を定期的にチェック】 All Rights Reserved.