筋肉が固くなる症状です

中年女性

調節力を調べよう

日頃から隙間時間にパソコンやスマートフォンを見続けていて、眼精疲労がひどくなっている人がいます。疲れを自覚しているのに使用頻度を減らさないと老眼の進行が早くなる傾向があります。近くのものを見る時には、水晶体の形状を膨らませてピントを合わせています。水晶体は毛様体といわれる筋肉を動かして調整しますが、この毛様体の動きが固くなると老眼の症状が現れます。老眼の症状が出ているかチェックするためには、辞書などの細かな書面を眼前30センチほどに近づけて読むことができるか確認します。やや離した50センチほどの距離でないとピントが合わない、距離が近いと疲れを感じる時には老眼の症状が発症している可能性があります。普段から近視のメガネを掛けている人は、メガネを掛けたまま手元が見えるかチェックしてみましょう。メガネをはずした方が物が見えやすい人は、メガネが合っていないか老眼の症状が出ています。日頃から老眼を進行させない生活をするためには、適度な休息が必要です。視線を遠くへ移行することで毛様体が和らぎ、長時間こわばっていた筋肉の負荷を減らしてくれます。また、老眼が発症する前からものを読むときの姿勢を意識して、あまり近づきすぎて見ないようにしましょう。眼科で老眼の進行度合いを調べるためには、調節力を定期的にチェックしてくれます。自分の眼の状態をチェックして日頃から食生活の改善や生活環境を整えたり適度な運動を心掛ける事により同世代よりも快適に眼を使うことができます。

毎日行いたい目の運動

中年

目の運動をすることで、老眼の症状は遅らせることができます。老眼の症状がないかをチェックをし、1つでも当てはまる方は今日から目の運動を始めましょう。また、老眼鏡などでの矯正や目薬・サプリメントで血行を促進することでも、症状を改善できます。

詳しく見る

老化現象の一つ

男医

文字が読みづらくなったら老眼を疑い、眼科でチェックしてもらう機会が必要です。老眼は病気ではなく、身体の老化の一部です。従って食事による改善策は最も手頃で効果的と考えられます。メガネに頼るだけでなく、眼に良い栄養を取り入れて老眼予防する事は大切な事です。

詳しく見る

正しい検査を

メガネ

老眼は、ピントを調節する目の水晶体が固くなっていきぼやけて見える症状のことを言います。老眼になりますと、近くの物が見えにくくなります。自分が老眼になったか確認したい場合は、セルフチェックを行いましょう。セルフチェックの基本項目は、インターネットや評判の良い眼科で確認する事が出来ます。

詳しく見る

遠視との違いを知る

ウーマン

老眼と遠視は近くが見えにくい症状が出ますが、これらは全く違う症状です。老眼のチェック方法は新聞などの文字が見えにくい、夕方になると見えにくい、暗いところで目がかすむなどがあげられます。眼鏡は凸レンズを使いますが、遠視は遠くを見るために老眼は近くを見るために使います。

詳しく見る

眼の衰えの進行

目

最近は若者のスマートフォン多用によってスマホ老眼となるケースが増えています。これを改善する為にルテインやアントシアニン、そしてビタミン類を含むサプリメント利用がお勧めです。そして商品の選定は比較サイトや口コミをチェックする事がお勧めです。

詳しく見る

Copyright© 2018 老眼の疑いがあるなら眼科を頼ろう【調節力を定期的にチェック】 All Rights Reserved.